Blog&column
ブログ・コラム

空室のメンテナンスについて

query_builder 2022/01/01
コラム
39

空室で物がない状態なら掃除やメンテナンスしなくても大丈夫と勘違いしている方は意外と多いです。
しかし、何もしないことでトラブルを引き起こす場合があります。
誰も暮らしていなくとも定期的なメンテナンスは必要なのです。

空室のメンテナンスの必要性とは
空室は誰もいなくとも劣化していきます。
空気を入れ替えずにそのまま長期間放置しておけば、湿気でカビが生えたり結露が発生することもありえるのです。
条件はいいのに長らく空室が続くことがあります。
それはもしかしたらメンテナンスをしていないことが原因かもしれません。
例えば、長期部屋が空室だとカビや結露のほかに、排水溝から臭いが逆流することもあります。

▼具体的なメンテナンス
排水管の臭いの場合
臭いの原因は、臭いが下から上がってくるのを防ぐトラップという水をためる部分があります。そこの水が乾いてしまうことで臭いが上がってしまうのです。
定期的に水を流し、トラップに水を補充することで排水管からくる臭いは軽減できます。
?カビの場合
窓を閉め切ることで、湿気がこもりカビが発生してしまいます。
時期の応じて空気の入れ替えが扇風機や換気扇を活用し、空気を循環させましょう。

▼まとめ
自分でも空室のメンテナンスを行うことは可能です。
しかし十分にメンテナンスができない状態であったり、メンテナンスしていてもうまくいかない場合は、ぜひ当社へご相談ください。
キッチンや換気扇、浴室、トイレ、洗面台、あらゆる場所のクリーニングを行っております。

NEW

  • たま~に、こんな綺麗な物件もあります!

    query_builder 2021/10/03
  • 環境にやさしい掃除について

    query_builder 2022/01/15
  • 空室のメンテナンスについて

    query_builder 2022/01/01
  • 散らかった部屋は精神にも悪影響?

    query_builder 2021/12/15
  • 掃除を怠るとアレルギー反応が起こる?

    query_builder 2021/12/01

CATEGORY

ARCHIVE